会則
第1条  (名称)
本会は、木葉会と称します。
第2条 (目的)
本会は、水彩画の製作に関して、会員の皆様の技術の研鑽と親睦jを図ることを目的とします。
第3条 (事業)
本会は、第二条の目的を達成するために、次の事業を行います。
絵画制作に関する勉強会、研究会、見学会、写生会などを開催。
kじゃ医院の製作する絵画などの展覧会を開催。各種美術展への出品協力。
その他(慶事:会員の結婚。弔事:会員本人及び配偶者の死亡、のも)5,000円
第4条 (会員募集)
本会の会員は、木葉会会員で、本会の会費を支払った方々です。
新会員の募集は常に行い、募集企画などは計画的に行っていきます。
第5条 (役員)
本会に次の役員をおきます。
会長1名、副会長1名、総務1名、会計1名、監査1名。
任期は1年間とし総会え選出します。重任、再任は防げません。
第6条 (顧問)
本会は、絵画指導顧問をおきます。会員の指導と会の運営アドバイスをしていただきます。
第7条 (会費)
本会は、運営経費のため、会費を徴収します。
(1期=3,500円 X 3ヶ月 = 10,500円)
新会期の1ヶ月前にお支払いいただきます。途中入会の方は月割計算でいただきます。
第3条にさだめる事業の内、別途にその都度、参加者から参加費を頂く場合もあります。
第8条 (会計・総会・活動報告)
本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日とします。
新年度の第1回目の活動日に総会を開催し、会員に対して年度内の活動・会計報告を行います。
なお第8条については1年間継続して再度検討します。
第9条 (義務)
本会員は、会員名簿を作り、氏名、電話番号の情報を記載いたします。
そのほか役員名簿、本会運営に必要な記録簿を作ります。
第10条 (その他)
本会則の無い事柄が起こった場合や会則の改廃については、役員及び総会で検討いたします。
(決議案に対し会員出席者の過半数以上の三世により決定します)
本会は、事業(行事)の推進における事故及び不祥事については責任を負いません。
すべて自己責任で処理していただきます。
 
inserted by FC2 system