NPO法人はるなか

平成26年度の漆部会の活動を写真でまとめました。会員・ボランティア等の方で必要な方はご連絡ください。


★12月6日(土)定例の「はるなか漆部会」の忘年会を会津若松市謹教
コミュニティーセンターを会場に開催しました。ボランティアの方々も参加しました。

   
 セルフ形式です。  会津の酒、持ち込み歓迎。なぜか私は八海山。
   
 料理は照井会長の奥さんたちが用意しました。  漆器の器は、燗酒は冷めなてうまい。夏の冷酒は
ぬるくならないのでいつも冷酒。新発見!!


                  ★11月3日 ウルシノキ植栽活動報告展(於アルテマイスター保志)

   
 アルテマイスター保志入り口  活動報告展のポスターが正面に
   
 展示の様子 落ち着いた雰囲気が漂う  漆かきの道具が展示されている
   
 活動の趣旨などが書かれている  うるしの実
   
 活動場所の案内  ボランティア募集
   
 全体の様子  会員の作品の展示と販売





★10月5日(日)はるなか第7回漆部会 18:00~20:00 於)東公民館

 
 真剣に取り組む会員たち。毎回こんな感じで行われます



9月28日(日)御山面植栽地での下草刈り及び広葉樹(クルミ)の伐木
最高の天気でした。

   
 朝9時 シート敷から始まる。  刈り払い機が並ばれる
   
 写真からはわかりにくいが、斜めに生えている。伐採方法を検討する。  荻野君が伐採する。
   
 二本連続で伐採した。  伐採部隊のメンバー。ほとんど、このメンバーで伐採してきました。
   
 昼食のひととき。  豚汁とわかめご飯。作業の後の外で食べるご飯はとにかく美味しい。
 ヘルメットなし! 樹上のチェンソー
 午後クルミの伐採をしました。この木は写真の奥の他の所有者の果樹園の方向に傾いており、伐採すると果樹園に倒れる可能性がありました。重量のバランスを取るために、大きな枝を切り落としました。とにかくこのチェンソーは重い(私の愛機STIHL MS-240)。木の上でのチェンソー、ヘルメット無し!・・・・禁止です。
良い子はマネしないでね!!

■9月7日(日)東田面植栽地での下草刈り及び広葉樹の伐木

   
 一般道から見える漆植栽値  職場の仲間がボランティアとして参加してくれました
   
 手慣れたものです。  訓練校の学生。一生懸命です。
   
 中央の樹木を伐採しました  この冬、雪の重みで倒れかかった漆があります
   


★7月ろうそくの科学 金山町のふるさと再生館に行き、役場の教育委員会の方より説明がありました。

   
 金山町故郷伝承館に行ってきました  昔わが家にも あった記憶があります。ある。まだある。
   
 漆蝋の一部。ビジネス手帳より大きさを参考に。  麻でできている.
   
くさびによって麻袋は締め付けられ蝋は下にたまる。麻自体がフィルターの役割を果たす。  釜戸により高温の蒸気にさらし蝋を液状にする。パラフィンに比べ漆蝋の融点は低い。
   
 固まった蝋。ほんのわずかしかとれない。労働生産性はかなり低い。


★6月 御山での管理作業

   
 まずはシート敷きから始まる。  仕事の段取りを話し合う
   
 植栽地内のクルミを伐採。とにかく抜開し林地拡大  チェーンソーで切断します。
   
 若い女性もチェンソーで頑張ります  皮をはがし漆器の木地として活用します
   
 うるしの芽を天ぷらに  出来上がった天ぷら。クセの無い味。

★4月御山での植林

   
 会津若松市御山の植栽地です  こちらは料理部隊
   
 憩いのひととき  掘削の大きさは根よりも広く
   
 埋設後体重をかけ踏みつける  会津農林高校の生徒もボランティアとして参加
   
 仕事のあと外で食べるご飯はとにかく美味い  ノンアルコールの酎ハイも美味い
   
 側溝の排水管理。  この生徒たいへん真面目です
inserted by FC2 system